稼ぐほどお金が減る個人事業

所得税は、超過累進税率といって、所得が増えるほどに税率は高くなります。消費税の課税事業者になると、さらに納税による資金流出が増えます。

続きを読む

解決策は法人化

法人税率は低く一定なので、節税効果が高まります。さらに、

  • 事業主を役員として、自宅を使って社宅家賃の計上
  • 親族を非常勤役員として役員報酬を支給
  • 日当旅費の非課税枠を使った節税

など節税策が個人より幅広く使えます。

会社形態を合同会社で設立すれば、法定費用は6万円と低コストで設立が可能です。

続きを読む

法人化はタイミングがポイント

法人化は税制上有利ですが、即法人化することはおすすめしません

というのは、消費税免税の恩恵がなくなるからです。

消費税は、基準期間(簡単にいうと2年前)の売上高が1,000万円を超えると課税が生じる課税事業者になります。一般的には起業して2年は、基準期間が存在しません。

続きを読む

個人事業でできる節税

個人事業でもできる節税はもちろんあります。
節税をする上で大事なのは、お金が残る節税かどうかです。

節税はできたけど、手元にお金も残っていないというのでは、単にお金の支払先が変わったにすぎません。

個人事業1~2年目の場合でやるべき節税とやってはいけない節税は以下のとおりです。

やるべき節税

  • 青色申告の申請
  • 家事関連費の計上

やってはいけない節税

  • セーフティー共済
  • iDecoやNISA
  • 小規模企業共済
続きを読む